NEWS

【夏期休診のお知らせ】
8月13日(日)・14日(月)・15日(火)
とさせていただきます。ご了承下さい。
(8月11日(金)も祝日により休診です)


検査機器手術室兼 レントゲン室

<診療案内>

  • *時間にはできるだけ余裕を持っていらしてください。
    初診の場合は特に、ゆっくりとお話しをうかがいたいと思います。
  • *どんなときも、飼い主様と動物たちを支えるかかりつけ医でありたいと思っておりますので何でも遠慮なくお話しください。
  • *当院にカルテのある患者様は、可能な限り時間外診療・休日診療にもお答えいたしますので救急疾患、急なケガや体調不良の場合にもまずはご連絡ください。
  • *動物たちと、飼い主様の痛みや苦しみを取り除くことを最優先します。
  • *今だけでなく、将来もずっと楽しく快適な暮らしをしていただきたいのでワクチン接種・フィラリア予防・早期不妊手術などの予防医療を推奨しております。
  • *当院で診断不可能な病気、また難治性疾患などは専門医や大学病院へご紹介させていただきます。
  • *眼科・整形外科疾患などは近隣の専門医の先生たちにご紹介させていただき、また診察・処置や手術などには可能な限り同行し、専門医の先生と飼い主様と一緒に治療を進めていきます。

 

<診療対象動物>
犬・猫・うさぎ・フェレット・ハムスター・小鳥・その他 小動物

 

検査機器

血球計算・血液生化学検査・尿検査・寄生虫検査・その他細胞診などを行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手術室兼 レントゲン室

安全な手術のため、術中は体温・血圧・心拍・麻酔ガス濃度・SPO2などをしっかりとモニターし、必ず静脈点滴を行います。
レントゲンはフィルムレスのデジタルレントゲン。現像いらずで、撮影後はすぐに診察室の大画面にて画像を見ながらご説明できます。

超音波診断装置 (エコー)

入院室 (犬用4部屋・ 猫用4部屋)

妊娠診断や心臓・肝・腎・胃腸・子宮・膀胱など、内臓の状態を調べることができます。異常がある時は、エコーガイド下で針を刺し細胞診断も行います。

 超音波診断装置 (エコー)

重症の患者さんは入院室で酸素吸入が可能です。